実はかんたん!すぐにできる遺言書の書き方

遺言書の種類

遺言書の種類の写真

遺言書にはいくつかの種類がありますが、もっともポピュラーなのが自筆証書遺言とよばれるものです。
これは遺言したい内容や作成した日付をすべて自筆で紙に書いて、署名押印をすることによって作成するスタイルです。
一般個人であっても他人のサポートを必要とせずに手軽に作成することができ、費用もほとんどかからないところが大きなメリットといえます。
その反面では書式や内容の決まりごとが多く、十分な知識がなければ条件を満たさずに無効になってしまったり、個人で保管中に誰かに改ざんされるリスクがあるのがデメリットです。
また秘密証書遺言というのは、内容を秘密にしつつ遺言をした事実を公証人などに確認してもらうことができる方法です。
こちらは遺言者本人が署名捺印をしておけば、自筆ではなくワープロやパソコンなどで作成したとしても構いません。
このように書式などの制約の少なさや、本人が亡くなるまで誰にも秘密にしておけること、公証役場を通じて遺言をした事実関係は明らかになるので忘れ去られるおそれがないことがメリットです。
デメリットとしては内容そのものをチェックする人がおらず、法律的に不備が生じていてもわからないことがあります。
さらに公正証書遺言とよばれる種類もあります。
これは公証人に遺言の内容を口頭で伝えて、それを公証人にまとめてもらう方法をいいます。
公証人は法律関係の文書作成のプロですので、間違いがない上に、原本が公証役場に保管されるので改ざんなどのおそれがないのがメリットです。
逆に費用がかかったり証人が必要なところはデメリットといえます。